忍者ブログ
動画サイトのビッグローブストリーム
[4]  [2]  [1]  [3]  [5
2017/12/13 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008/08/26 (Tue)
コメントをつけて楽しむ動画共有サイト「ニコニコ動画」を運営する「ニワンゴ」は5日、今後のニコニコ動画が目指す方向について「“あさって”への進化」とのキャッチコピーで表した。東京・秋葉原で行われたサービス発表会で公表したもので、同サイトは同日午後6時、現行の「RC2」から「SP1」へとバージョンアップ、外部サイトへの動画貼り付けなどの新機能が追加された。  

キャッチコピーについて、同社の西村博之取締役は「高画質化やビデオへの広告挿入、ハリウッドとの提携といった“動画ビジネスの明日”といわれる方向は、『ユーチューブ』などに任せておけばいい」と説明。新バージョン「SP1」では大勢の利用者に向けて同時に共通体験を提供するため、割り込み再生コンテンツ「ニコ割」を拡充、ゲームや映像を配信するようになるとしている。

また現在、1000人規模で行っている生放送についても規模を拡大していき、年内には1万人規模で行えるようにしたいという。  西村取締役は現在のニコニコ動画が新しい利用者が参加しにくい雰囲気になっていることを指摘。新規利用者の参入を促すため、「SP1」ではこれまで同サイトの会員にならなければ視聴できなかった動画を「ライブドア」や「はてな」などが運営する外部ブログなどで再生できるようにし、「(今まで知らなかった人も)『面白そうなことをやっている。ちょっと見てみようか』ということになる」(西村氏)との波及効果について言及した。

そのほか、初心者向けページの新設、動画作成ソフトの提供なども発表した。  ニコニコ動画をめぐっては、2月15日に千葉県の女子小学生が殺害予告を書き込み、今月4日に児童相談所に通告される騒動があったほか、著作権侵害などの問題を指摘する声もある。こうした批判について、同社の杉本誠司代表取締役社長は「監視・削除などの体制や利用者への啓蒙活動は今後も強化していく」と話した。

また同社の親会社「ドワンゴ」の小林宏代表取締役社長は「問題も起きるだろうが、利用者と運営側が一緒に盛り上げていくのがニコニコ動画」との認識を示した。 イッセイミヤケの香水と腕時計とコンセプト
PR
忍者ブログ [PR]